Skip to content

◇ドリンク代別途表記(+ 1drink)のイヴェントに関しましては受付にて600円を頂戴致します
◇前売り予約の受付は前日の23時59分までとさせて頂きます。
◇終了時間は予定時間となってますので、ご了承下さいませ。
◇忘れ物をする方が増えています、忘れ物の保管は6ヶ月になりますのでご了承下さい。

御予約は前売り料金のあるもの、詳細ページに「予約する-reservation-」のアイコンのある日に限ります。



Loading Events

« All Events

  • This event has passed.

4/5 (wed) 「Ur食堂LIVE!~Lo-shi & Misako Kikuchi ~」 no charge, 投げ銭

04/05・19:0022:00

Lo-shi & Misako Kikuchi

◇OPEN 19:00 / START 20:00
◇no charge ! カンパ制 1order

loshi-mono
– Lo-shi

Formed in 2012 around Gotal (guitar, samples, beats) and Ralouf (theremin, Jew’s harp), Lo-shi are an instrumental unit who create eerie, atmospheric soundscapes that combine beauty and dissonance in powerful and evocative ways.

Influenced by the skittering beats of post-acid house British electronica, the cosmic soundscapes and quirky experimentation of krautrock bands like Neu!, Cluster and CAN, as well as art-related movements such as surrealism and Dada, in 2013 Lo-shi performed an improvised soundtrack to Fritz Lang’s “Metropolis” with Damo Suzuki and took part in the Taico Club music festival in Nagano in 2015. In 2016, they collaborated with the Echo Park Film Centre and the Blum & Poe Tokyo contemporary art gallery to produce the soundtrack for the film “The Sound We See: A Tokyo City Symphony”.

“Ninjin” is Lo-shi’s third album, and their first to be released on CD.

ゴタル(ギター、サンプル、リズム)とラルーフ(テルミン、口 琴)により2012年結成された、 Lo-shi。 彼等は力強さと喚情的なサウンドで美しさと不調和を融 合し不気味かつアトモスフォリックな音像を表現するイン ストゥルメンタルユニット。

ポスト・アシッドハウスやブリッティッシュエレクトロニカの 早急ビートとコズミックなサウンドスケープを想起させる Lo-shiの楽曲。Neu! や Cluster や CAN などに代表されるクラウトロッ クの中毒的な実験音楽、シュルレアリズムやダダなどの 芸術活動への影響を受けていることが見て取れる彼等。2013年にはダモ鈴木と共にフリッツラングの” Metropolis” にあわせサウンドトラックを即興で表現するパフォーマン スを行い、さらに2015年には長野で開催された音楽フェ スティバル TAICOCLUBへの出演を果たす。2016年にはEcho Park Film Centerと現代美術ギャラリーBlum&Poe 東京とコラボレーションを経て、映画「The Sound We See: A Tokyo City Symphony」のサウンドトラックも制作。

 「 Ninjin」は彼らの3枚目のアルバム、かつ初めてのCD音 源でのリリース。 

Misako Kikuchi
– Misako Kikuchi

幼少時代にクラシックバレエをはじめ、その後モダンバレエ、モダンジャズ、ストリートダンス、フラメンコなどを経て、現在のフリースタイルに至る。おもに東京のギャラリー、ライブハウスにて活動中。

チャットモンチー、石井竜也、TUBE、矢沢永吉等のツアー、バックダンサー。小松未可子楽曲振り付け。チャットモンチー福岡晃子とのユニット「Super Benjamin」。sébuhiroko MV、ライブ振り付け、出演。LOSTAGE MV「ひとり」出演。

ミュージシャンとの即興演奏でのライブパフォーマンス多数。伊東篤宏、池澤龍作、坂口光央、田ノ岡三郎、藤原大輔、南方美智子、山本達久、山田あずさ、芳垣安洋、吉田隆一、Palimpsest(Kelly Churko,Cal Lyall)、Oncenth Trio、ZycOs、Yvko Under、

Lo-shi(Gotal,Ralouf)などと共演。

 

After studying classical ballet at an early age, Tokyo-born dancer Misako Kikuchi  went on to explore other dance styles such as modern ballet, modern jazz, street dance or flamenco, while refining her own improvisational approach to dance. Following her inclination towards variegated, often experimental forms of music, she developed a very personal style that eludes any easy categorisation. Calling forth the music rather than following it, playing unaffectedly on contrasts and counterpoints, her performances create uncontrived moments of beauty that make you feel that being alive is not irreconcilable with being free.

 



*Ur食堂とは
もっと気軽に、もっとしっかりと食事の場を楽しんでもらいたい。スタッフみんなのそんな思いからアバンギルドで食堂をやっております。=Ur食堂=でしか登場しないディナープレートを御用意して、充実した食堂っぷりになっていますので、ライブの時には食事を存分に楽しめなかったなんて方や、初めての方ももちろん、ぜひ気軽にお越し下さい。夜12時まで営業していますので、お仕事帰りが遅い方でも大丈夫です。
2017.3.4

2017年3月,4月のUr食堂の日だけのディナープレート 1080円

牡蠣とカブの豆豉ソース
白菜の中華風甘酢漬け
サラダ
ライス
季節野菜のスープ


 

Details

Date:
04/05
Time:
19:00 〜22:00

UrBANGUILDは、イベント終了後、25:00までノーチャージのBAR営業をしています。
注)イベントの終了時間はイベントごとで異なります。

・2016/04から前のEVENTはこちら