Skip to content

◇ドリンク代別途表記(+ 1drink)のイヴェントに関しましては受付にて600円を頂戴致します
◇前売り予約の受付は前日の23時59分までとさせて頂きます。
◇終了時間は予定時間となってますので、ご了承下さいませ。
◇忘れ物をする方が増えています、忘れ物の保管は6ヶ月になりますのでご了承下さい。

御予約は前売り料金のあるもの、詳細ページに「予約する-reservation-」のアイコンのある日に限ります。



Loading Events

« All Events

  • This event has passed.

10/17 (thu) Every day is a new beginning “How far can I see?”

10/17・19:0022:00

photo_102

出演:前田英一、橋本幸士、合田有紀、野村香子
音楽:Yannick Pajet, ryotaro
ドラマトゥルグ:出口雨、橋本幸士
美術:山本アキヒサ

わたしにはどこまで遠くが見えるのだろうか。時間について宇宙について、人について。

同グループによる、前作Every day is a new beginningに続く新シリーズ1作目を一夜限り、上演する。宇宙空間と時間、人間関係、人類を取り巻く環境など、多様な<距離>に関する考察。キーワードは<霧>。
身体表現×音楽×物理学×美術によるコラボレーションである。

主催:ゴーダ企画

KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2019 フリンジ「オープンエントリー作品」

◇ OPEN 19:00 / START 19:30
adv.2000yen inc 1drink! / door.2500yen ind 1drink!

KYOTO EXPERIMENT 2019 Fringe Open Entry Performance
『How far can I see?』
 
 Prodaction “EiNB” has started from 2017. This is collabolation work that directed by Hidekazu Maeda with musician/Yannick Paget, ryotaro and Physicist/Koji Hashimoto and contemporary dancers with theme of end of the earth and exist of the creativity.
 This work had showed in UrBANGUILD Kyoto and BLACK CHAMBER(Osaka) as trial performance, and after that it is performed in ROHM THEATER Kyoto in September, 2018.
 In 2019, We received “Kyoto University President’s Award” at an international art science symposium at Kyoto University “Art Innovtion” .
 
This is the first work of the new series following the previous work “Every day is a new beginning” by  this group will be performed for one night only.
 
Performer:Hidekazu Maeda, Koji Hashimoto(physist), Yuki Goda, Kyoko Nomura
Musician:Yannick Paget, ryotaro
Dramaturg:Ame Deguchi, Koji Hashimoto
Scenography design:Akihisa Yamamoto
Lighting:Tamaki Seki
 
 
 
【Reservation】
 
【Contact】
 
【Organization】
GODA production office. Co
 
■WEB
 
■Twitter
@Everydayisanew6

photo_100Photo:Sajiki Kim
Every day is a new beginning
’17年パフォーマー前田英一を中心に音楽家・科学者と始動。地球の崩壊と再生をテーマにした舞台作品”Every day is a new beginning”をアバンギルドでのワークインプログレスやBLACK CHAMBER(大阪)での滞在製作を経て、’18年9月ロームシアター京都にて公演。’19年3月京都大学におけるアートサイエンス国際シンポジウムArt Innovtionの「京都大学総長賞」を受賞。

IMG_0698 Photo:Narihiro Matsumoto
前田英一
京都芸術短期大学(現・京都造形芸術大学)立体コース卒業。卒業後6ヶ月間、ローザンヌ近郊(スイス)にて陶芸家アシスタントを体験。帰国後もアーティスト助手等。1997 年より身体表現を始め、パフォーミングアートグループ:ダムタイプの作品”OR”、”memorandum”、”voyage”に出演、国内外の多数のツアーに参加する。近年では、メディアアーティスト:高谷史郎「明るい部屋 La Chambre Claire」や、光のアーティスト:高橋匡太「いつかみる夢〜京都美術ビエンナーレ特別企画展」(京都府京都文化博物館)、「スマート・イルミネーション横浜 2015」、「Red Room #1~3」(ヨコハマ創造都市センター)などの作品に参加している。

photo_254Photo:Sajiki Kim
橋本幸士
理論物理学者。大阪大学・大学院理学研究科教授。素粒子物理学、超ひも理論の研究を進める傍ら、著書に、天才物理学者浪速阪教授の70分講義シリーズ「超ひも理論をパパに習ってみた」・「宇宙のすべてを支配する数式をパパに習ってみた」(KS科学一般書)。「超弦理論知覚化プロジェクト」、TED× Osaka U での講演などさまざまなアウトリーチ活動も手がけている。本パフォーマンス作品では、宇宙の崩壊と全滅に関する理論を展開する物理学者として出演。1973年生まれ・大阪育ち。2000年理学博士(京都大学)、その後カリフォルニア大学サンタバーバラ校理論物理学研究所、東京大学、理化学研究所を経て、2012 年より大阪大学教授。

photo_209Photo:Sajiki Kim
ヤニック・パジェ
パリ国立高等音楽院指揮科および打楽器科卒業。マレク・ヤノスキ、佐渡裕、ヨルマ・パヌラなどの著名な指揮者に教えを受けたほ か、ロンドン王立音楽院でも学ぶ。ラムルー管弦楽団では副指揮者として佐渡裕のアシスタントを務め、2005年に兵庫芸術文化センター管弦楽団のアソシエイト・コンダクターとして日本に招かれる。以来、活動の拠点を日本に置き、2008年より大阪教育大学にて教鞭をとるかたわら、多くの演奏会で同大学合唱団・オーケストラを指揮。これまでに、ルーマニア国立ブラショフ・フィルハーモニー 交響楽団、ピカルディ管弦楽団、ラムルー管弦楽団、台北市立交響楽団など、ヨーロッパやアジアでも客演指揮者として多数の公演 に参加。作曲家としても数々の国際コンクールのファイナリストに選ばれており、映画、舞台、オペラやオーケストラへの楽曲提供も行っている。その作品は、フランスやアメリカのラジオ局でも放送された。

photo_208Photo:Sajiki Kim
ryotaro
エレクトロニクスを融合したアコーディオン弾き。京都精華大学卒業し1996年からナスノミツル (アルタードステイツ)、三条とおる (EP-4)らの[elements]に加入後、数々のアングラの巨匠達との共演を経て近年、梅津和時らと共に中山ラビのツアーメンバーを務め、アルバム[ My Back Pages ]をリリース。2012年よりFRYING DUTCHMAN のレコーディングに参加した事をきっかけに、ツアーに同行。2016年より梶原徹也 (ex. THE BLUE HEARTS)、 eiji(Dachambo)と共に正式にメンバー入り。 またミュージシャンだけでなくダンサー、パフォーマー、ペインター等との共演を展開。舞踏家の今貂子 [舞踏] と仙石彬人 [TIME PAINTING] とのパフォーマンスユニット[ミズモノ]を結成。ヨーロッパを中心に海外でのライヴ活動も精力的に行い、2015年にはHi Seoul Festival に出演。2010・2011年、coba 主催のイヴェントに参加。2009年から京都木屋町 UrBANGUILD のブッキング担当。早朝の三条大橋と猫をこよなく愛する。

IMG_0760 Photo:Narihiro Matsumoto
合田有紀
2006~2017年、Monochrome Circusダンサーとして活動し、国内ツアーや各地での公演、フランス、韓国、フィンランドのフェスティバルへの出演など、国内外の多くの作品に参加。個人の活動として、音楽家・山中透との共同制作作品「白昼夢」(愛媛県町立久万美術館「松本俊夫展・白昼夢」)、「fruits session 2014」(愛媛県立美術館「洲之内徹と現代画廊展」)、映像作家・飯名尚人との共同制作作品「金魚撩乱」、前田英一とのデュオ作品「未だ無題」(FOuR Dancers vol.38 UrBANGUILD)などがある。2015年より、パフォーミングアートの不思議・魅力などを体験・観察することを目的とした企画集団「ゴーダ企画」を立ち上げる。パフォーマンスにまつわる様々なワークショップ、イベント、国際交流事業などを企画し、プロデューサーとしても活動している。

314A5966 Photo:Narihiro Matsumoto
野村香子
2007〜2017年、京都のダンスカンパニーMonochrome Circusに所属。以降カンパニーの主要ダンサーとして国内外の多くの舞台に立ち経験を積む。他、ディディエ・テロン(フランス)やチョン・ヨンドゥ(韓国)、ミカエル・モーリッセン(ドイツ)等のプロジ ェクトに出演。また、ミュージシャン、デザイナー、落語家など他ジャンルのアーティストとのコラボレーションやソロ作品の発表などの活動も展開中。他、教育現場や企業の研修など様々な現場でコンタクトやダンスのワークショップの講師・アシスタントなどを務めている。2015年より合田有紀と共に「ゴーダ企画」の企画・運営を行い、アーティストの発掘・発信、出会い場作りを軸に一般にも幅広く提供。「踊る」「創る」と並行して活動中。

Details

Date:
10/17
Time:
19:00 〜22:00

UrBANGUILDは、イベント終了後、25:00までノーチャージのBAR営業をしています。
注)イベントの終了時間はイベントごとで異なります。

・2016/04から前のEVENTはこちら