Skip to content

HPリニューアルしています。
新しいスケジュールはこちら

イベントを読み込み中

« すべてのイベント

  • このイベントは終了しました。

3/31 (sat) Velvet Moon vol.139~music,dance & performance night !~

03/31・19:3022:30

A5よこ_表面

reservation

Mitsu Salmon & ryotaro 
KIKI Himekawa
きんとと 
佐藤野乃子


◇ OPEN 19:00 / START 19:30
◇ adv. 2200 yen inc 1drink / door. 2500 yen inc 1drink

_DSC8861

Mitsu Salmon creates performance and visual works that fuse multiple disciplines. She was born in Los Angeles to a Japanese mother and American father. Creating in differing mediums—translating one medium
to another—is connected to the translation of differing cultures and languages. Her work draws from Butoh, contemporary dance, voice and performance art.
 
She currently lives in Chicago and is headed to a residency at Taipei Artist Village. She used to live in Kyoto from 2008-11 where she collaborated with Ryotaro Sudo and worked with Ima Tenko. She is excited to be back and working again with Ryotaro.
 
Salmon received her MFA from the School of the Art Institute of Chicago in 2014 and her undergrad degree from NYU. She was awarded best collaborative multi-disciplinary performance and top 5 emerging dancers in Chicago by Newcity in 2015 and a touring grant through Midwest Nexus in 2018. She has performed work in Chicago, NYC, LA, London, France, Germany, Indonesia, and Taiwan.

ryotarophoto by Kazuo Yamashita-clip-

ryotaro (scc,synth)
エレクトロニクスを融合したアコーディオン弾き。京都精華大学卒業し96年からナスノミツル (アルタードステイツ)、三条とおる (EP-4)らの[elements]に加入後、数々のアングラの巨匠達との共演を経て近年、梅津和時らと共に中山ラビのツアーメンバーを務め、アルバム[ My Back Pages ]をリリース。’12年よりFRYING DUTCHMANのレコーディングに参加した事をきっかけに、ツアーに同行。’16年より梶原徹也 (ex. THE BLUE HEARTS)、 eiji (Dachambo)と共に正式にメンバー入り。 またミュージシャンだけでなくダンサー、パフォーマー、ペインター等との共演を展開。舞踏家の今 貂子 [舞踏] と 仙石彬人 [TIME PAINTING] とのパフォーマンスユニット[ミズモノ]を結成。ヨーロッパを中心に海外でのライヴ活動も精力的に行い、’15年にはHi Seoul Festival に出演。’10, ’11年と、coba主催のイヴェントに参加。’09年から京都木屋町UrBANGUILDのブッキング担当。早朝の三条大橋と猫をこよなく愛する。

DSC03094_4_2
KIKI Himekawa
京都生まれ
1998年ベリーダンスと出会う。
2004~09年「Bellydance Company APHRODIA」および 2010~15年「Alma Bellydance Studio」経営・運営
2008年リリース教則BOOK「Bellydance Beauty」 およびDVD「KIKI’s Gypsy Fusion Bellydance」監修・出演
2013年より3年連続でトルコ「Rakkas Istanbul International Orientaldance Festival」より招聘されるほか、シンガポール・インドネシアなどの海外活動や数多の舞台公演出演で経験を積む。
現在は、洋の東西を超えたダンスの起源「祈り」「祝祭」、シルクロード〜オリエント〜日本の神話や5エレメンツをテーマに、エキゾチックで優美なダンスアートを展開。音楽・芸術他各分野のトップアーティストとかさねたパフォーマンス経験をもとに、ジャンルの枠を超え聖地奉納演舞やコラボレーションイベントを中心としている。
京都ワイズダンスカレッジ・各地ワークショップにて講師としても活躍中。
http://kikialma.jp

28124431_1586231351463973_2077301997_o
きんとと 
2009年、舞踏合宿経験者を中心に平成の金粉ショウガールズとして京都で結成。 2011年以降、メンバーの変遷を経て2017年再結成。 既存の金粉ショウのイメージにとらわれず、”今を生きるショウ”を掲げ活動中。

28126068_1603675506389894_450596177_ophoto by kaori yoshimoto
佐藤野乃子  1992年生まれ三重県鈴鹿市出身。18歳の夏、舞踏に出会い、京都橘大学でアーツマネジメントを学びながら舞踏の道を志す。2010年の秋、京都を拠点に活動する舞踏家・今貂子主宰の舞踏カンパニー「倚羅座」で、制作として活動に参加し、2012年の春、制作兼、舞踏手としてデビュー。以降、倚羅座舞踏公演の全作品に出演。2018年新春、独立。 2013年、大学卒業制作として舞踏ソロ公演「野の夢」を発表。また、地元でも人と舞踏の出会いを広げる活動として、2014年、音楽ユニット”ニコらん”とのコラボレーション公演「野の夢続編〜春の奇蹟〜」「月のロマンセ」、2016年「風童子〜かぜわらす〜」を発表。 2016年7月よりオープンした世界初の舞踏専用劇場「京都舞踏館」の立ち上げに携わり、劇場スタッフとしても活動している。 日々移ろいゆく時代の流れを受け入れ、万物の身体、心を溶かす、純粋で素直な踊りを目指す。

詳細

日付:
03/31
時間:
19:30 〜22:30