Skip to content

◇ドリンク代別途表記(+ 1drink)のイヴェントに関しましては受付にて600円を頂戴致します
◇前売り予約の受付は前日の23時59分までとさせて頂きます。
◇終了時間は予定時間となってますので、ご了承下さいませ。
◇忘れ物をする方が増えています、忘れ物の保管は6ヶ月になりますのでご了承下さい。

御予約は前売り料金のあるもの、詳細ページに「予約する-reservation-」のアイコンのある日に限ります。



Loading Events

« All Events

  • This event has passed.

4/27 (sat) Velvet Moon vol.146~music,dance & performance night !~

04/27・19:0022:30

reservation

Dave Moss + Dan Cosley
山内弘太

Lee Donghee + Yangjah
Inaki Oyarvide + Sandra Soto + Christopher Fryman

◇ OPEN 19:00 / START 19:30
◇ adv.2000 yen inc 1drink! / door.2300 yen inc 1drink!

latest pro shot 2
Dave Moss
 / デーヴ • モス
1979年生まれ、アメリカ • カルフォリニア州 • サンフランシスコ出身
ジャズ、ロック、エレクトロニック ベーシスト(コントラバス、エレクトリックベース演奏者)
2003年にニューヨークへ移り、奨学金を得て、New School コンテンポラリー音楽部 • ジャズ科へ入学。その後、ニューヨーク市立大学City College音楽学部ジャズパフォーマンス科へ編入し、2006年、同大学にてBFAを取得、卒業。
ニューヨークでの活躍は、ジョン • ゾーンの主催するThe Stone、Spectrum、Cornelia Street Cafe、The Issue Project Roomなど数々の有名なライブハウスでの演奏、Charnette Moffett、Eric McPherson、Ferenc Nemeth、William Parkerなどとの共演、Charlie Parker Jazz Festival、World Science Festival、Care Fusion Jazz Festivalなど様々なミュージック フェスティバルへの出演、に加えてジャズグループ SEARCH、ジャズロックグループ WAKE UP! 、エレクトロニック ジャズ ロックグループ Platypus Revengeなどのグループでの活躍、CDリリース(Dried Orange Records、577 recordsより発売)など、多岐にわたる。2009年、音楽雑誌 All About Jazz Magazineに、2010年、Downbeat Magazine, Special 2010 Winter Editionにてジャズグループ SEARCHのCDレビューが掲載され、2010年には、WIRE magazine にて WAKE UP! が取り上げられ、そのオリジナル性が高く評価される。2014年には、ニューヨークのラジオ局 WKCR Radio Stationにて2時間に渡るインタビュー/演奏の番組出演。また、8年に渡るOrnette Colemanとの度重なるセッションは、Dave Moss の音楽観、哲学、世界観に深い変容をもたらした。

ジャズというジャンルを超えて、様々な要素を取り入れる彼の音楽は、留まる事を知らず、探求し続ける。2016年より京都へ拠点を移し、ニューヨーク~京都~アジアへと活動を展開していく予定

CDリリース

2014年、”Full Moon Day”(ジャズアルバム)Dried Orange Recordsより発売

ジャズバンド “Three Daves” フューチャリング  Liz Kosack:
https://driedorangerecords.bandcamp.com/album/full-moon-day-kosack-schnug-moss-miller
2009年、”The Gowanus Recordings”(ジャズアルバム)577 records より発売
ジャズバンド”The Gowanus Group”
http://www.cdbaby.com/cd/577records14
2009年、”Demian Richardson and Three Daves”(ジャズアルバム)Dried Orange Recordsより発売
ジャズバンド”The Demian Richardson Quartet”
http://driedorangerecords.bandcamp.com/album/demian-richardson-and-three-daves
2008年、”Today is Tomorrow”(ジャズアルバム)インディペンダント リリース

ジャズバンド “SEARCH”
http://www.cdbaby.com/cd/searchmusic

2010年、”WAKEUP!”(ジャズロックアルバム)インディペンダント リリース

ジャズロックバンド”WAKE UP!”

http://www.cdbaby.com/cd/WAKEUP

 

プレス

“The elastic but forceful rhythms laid out by bassist David Moss—a key figure in the circle of musicians in the 577 Records stable, prevent the music from sounding old fashioned, eschewing bop buoyancy for a more muscular grooveology.”–Downbeat Magazine, Special 2010 Winter Edition, album release review for the band: SEARCH.

“Fluently applying reverberant pizzicato form, Moss bridges the delivery from one horn to the other, carves out introductions on which the instruments can depend (“Breathe”) and operates as hinge to each instrument’s sound”–All About Jazz Magazine album release review for the band: SEARCH, summer 2009.

WAKE UP! is a genuine band (rare these days), but even more than a band, it’s a movement for increasing consciousness–a movement primarily interested in evoking the evolution of consciousness in us all, through SOUND and beyond.  The members of WAKE UP! all knew each other from previous music collaborations, but it wasn’t until May, 2009 that Federico Ughi, Demian Richardson, David Moss and Daniel Carter started getting together regularly as a quartet, which eventually became WAKE UP!  Musically, the band demonstrates a huge spectrum of influences, and integrates and synthesizes an array of styles, while not being limited or stuck in any one style or genre. “With a debut self-titled album (out now), WAKE UP! are riding a wave of youthful enthusiasm every bit as boisterous and impatient as their name.”– Daniel Spicer, WIRE magazine article.

dan cosley 2
Dan Cosley
クラシックとジャズの二刀流プレイヤーとして活動するギタリスト兼作曲家。 コスリーは、芸術的なパフォーマンス、折衷的なコンポジション、革新的なアレンジが高く評価されている。 1979米国生まれ。現在、京都に在住。

55575958_2173967262695396_6136267780644667392_n
山内弘太
1986年生まれ、京都市在住、ギタリスト。即興演奏、映像、ダンスとの共演など国内外問わずあらゆる場で活動する。
ソロの演奏ではギターから出るあらゆる音をその場で積み重ね配置して音像を作り上げる。
2017年、銭湯で録音したソロギターの音源 “In the Sento” をhoge tapesよりカセットリリース。
2019年、デンマークの音楽家Anders Bachとの即興演奏のライブ音源 “Totem” をWetwearより配信 / カセットリリース。

音源
https://kotayamauchi.bandcamp.com
https://kotayamauchiandersbach.bandcamp.com/album/totem

IMG_9223
李東熙 Lee Donghee Double Bassist
Dong-Hee Lee is a Korean double bassist and composer. He studied jazz improvisation at Paekche Institute Of The Arts . A formative experience for him was when he was travelling as a eighteen year old in the United States and was able to sit in on two months of classes at Berklee College of Music. There he studied in intensive workshops with renowned professors, such as drummer Antonio Sanchez, bassist Dave Holland, bassist Abraham LaBoriel, pianist Kenny Werner, and Whitney Houston’s longtime pianist, Jetro Da Silva.
Pianist Im In Gun, who was part of the first generation of jazz musicians in Korea, invited Dong-hee back to Jeju Island after his stint in the army. In Jeju, Dong-hee entered Im In Gun’s nascent jazz community, which was made up of legendary Korean musicians. Later he created his own community of bohemian experimental artist friends, and with them he discovered his love for nature, travel, and performance.
Dong-Hee has performed throughout Korea and in many other countries, such as China, Japan, Taiwan, Thailand, Laos, Vietnam, and the United States, not an easy feat considering the leviathan size of his wooden double bass. He does solo and collaborative experimental improvisation, and has learned to play along with virtually any musical style.
Currently, he has been inspired by his time in the Korean military. He was stationed at the DMZ (demillitarized zone) and the Northern Limit Line for about 2 years, which gave him the opportunity to learn the true significance of the dislocation between the two Koreas. He hopes for reunification of Korea some day and dreams of returning to his ancestral land to establish an eco peace village with the underlying mission to unite not only the Korean peninsula, but also Korea with its outlying neighbors through art and education.
1990 Busan, Korea
2008 Wanju, Korea
2010 Jeju Island, Korea
2011 Cheolwon, Korea
2013 Jeju Island, Korea
2014 ~2018
Korea, Taiwan, Japan
Each Country Stay for 1/3
2019 Kyoto, Japan

Team Recording
-Haedongseoungguk
<Dokkaebi Play> Eastern Standard Sounds 2017
Session Recording
-5 Days Market Project (Luova Music) 2011
-JOSEPH’s TRAVEL ESSAY MUSIC ALBUM
(PISON CONTENTS) 2016
-Song In-Sang <물감> 2017
-Chanho <잊혀진 모든것들은 어디로 갔을까> 2017
-Kim Jeong-eun <봄비> 2019

몸의 숲, 몸의 바다
Yangjah (やんぢゃ)
Yangjah is a Korean diaspora artist based in Osaka and Jeju island in Korea. 

Her works range from dance performance, poetry, video, permaculture. 
She mainly performs improvisation based on Butoh and Asian body works. 
She seeks to circulate moments which can become fulfilled through an empty body produced in time and space as a ritual.
 
関西生まれ大阪育ちのコリアン・ディアスポラ・アーティスト。現在、日本・大阪と韓国・済州島を拠点に国内外で活動中。
ダンス・パフォーマンスを中心に、詩・言語・映像・パーマカルチャー・料理・手しごとなど多岐にわたる。
舞踏やアジアの身体技法を基礎とし、即興を中心とした独自の身体表現を追求している。
ひとりの人間からはじまるちいさな行為の意味を問いながら、多ジャンルのアーティストや他分野の人々との共同作業を楽しむ。
パフォーマンスやアート作品の発表を通じ、日常と非日常を行ったり来たりする儀式のような時空を共有し、
「空っぽなカラダから満ちあふれてくる瞬間のつらなり」を模索している。
2016年から、パーマカルチャーとアートの空間プロジェクト「SaNa-Sup」、
2018年末から大阪で実家プロジェクト「このはなみのうち」がそれぞれ自然のリズムで進行中。

54520920_423963728146464_5135251542651174912_n
Inaki Oyarvide

I was born in Uruapan Michoacán in the lap of a creative family: my mother is plastic artist, my father poet and my sister and I, we are multidisciplinary artists. My main concern is art and nature. Originally I studied the University of Biology focused on mycobiotechnology. My studies and learnings in art are generated by my needing to communicate with myself, my relationships and the world in which I am integrated, without going through any dance institution but I did private teachers, friends and personal research. I am currently Cía. Águila Haikú (Dance GDL) for which we have created the audio including a Kú-Fung stage music project (Música GDL). Collaborate Cía. The Resistance (Teatro-Danza CDMX), I have created independent shows and with the support of governmental institutions, I have participated in National and International festivals. Currently I visualize my work focusing on mycoBiotechnology and Butoh Dance, integrating other skills such as music, skating, improvisation, agriculture, among others. Always open to share and learn.

 

53419744_295964901076163_120000561616519168_n
Christopher Fryman
第二次世界大戦中に英国マンチェスターで生まれカナダで育ったオーストラリア、パプアニューギニアに住んでいた 30年前よりの東京を経て京都に移り住む。 映画、テレビ、劇場で40年間働いていました。 私は、フィルム事業から引退し、作曲家を始める、トランペット奏者になりつつ。私の音楽は、多くのジャンルをジャズバンド、ジプシー音楽、フリー·インプロヴィゼーション、モダンで舞踏ダンス音楽カバーなどを手がけている。

Details

Date:
04/27
Time:
19:00 〜22:30

UrBANGUILDは、イベント終了後、25:00までノーチャージのBAR営業をしています。
注)イベントの終了時間はイベントごとで異なります。

・2016/04から前のEVENTはこちら