Skip to content

◇ドリンク代別途表記(+ 1drink)のイヴェントに関しましては受付にて600円を頂戴致します
◇前売り予約の受付は前日の23時59分までとさせて頂きます。
◇終了時間は予定時間となってますので、ご了承下さいませ。
◇忘れ物をする方が増えています、忘れ物の保管は6ヶ月になりますのでご了承下さい。

御予約は前売り料金のあるもの、詳細ページに「予約する-reservation-」のアイコンのある日に限ります。



Loading Events

« All Events

5/8 (fri) ヌマバラの沼 -numabara s DEEP SWAMP

05/08・19:0022:00

91119620_906527526454333_4434924234178822144_n

ヌマバラ山ポール[尺八、口琴]
大歳芽里 [dance]
ジャッキーゲン [mpc] (ザストロングパンタロンX)
佐藤啓 [美術 / flyer design]

◇OPEN 19:00/ START 20:00
◇no charge ! カンパ制 1order

第一話【混沌に咲く一輪のお花】 〈インプロビゼーション〉× 〈ジャンルレス〉 『沼』それはあらゆるものが混じり合う場所。 境界を超え、繋がり合う『生』のるつぼ。 このイベントでは混沌(ヌマ)に咲く一輪の花のように、即興の現場からひとつの現象を創造する。 音、振舞い、言葉、視覚像、香り等、ジャンルは問わない。 場の力と、関係性が織りなす未知なる地平は果たして調和か、それとも騒乱か。 沼へようこそ。

A rare person who moves between Japanese tradition and street culture, “Numabara Sun Paul”.
A fun event to further increase his many patterns.
That is the “Numabara’s DEEP SWAMP”.

How do stones and petals fall into the deep swamp when they mix and change?
Not only music, but Noh mask, Jew’s harp, Igil, Khoomei, Shakuhachi, Rap …. and improvisations with artists of different genres.
And does the swamp deepen further? I do not know what will happen.

I think the traditions that remain today can only be passed on to the present when they come up with ideas when they occur, and with ideas and support from the people. But just imitating will eventually disappear. Exploring to keep them active and cool, experimenting with reconstruction! I do not say.
He does not say that his presence, which protrudes from tradition, is the light of hope.
However, just feel the potential and be excited about the future development.

Come back to the shore of this swamp on your way home on Friday.
UrBANGUILD has delicious meal and sake.
While watching by the swamp … Be careful not to fall into the swamp.
(If you fall in the swamp, you will go up to this stage next time.)

[ ヌマバラ山ポール ]

根底にはBの潮流が流れてill。
そのさらに底には・・・???
BRAIN PUMPとしてCD3枚の作品を出しラップで名を馳せ、ひっそりトラックメイクも担当。関西各所のラップバトルイベントでも優勝&準優勝経験あり。その声も間あいも言葉遊びも独特すぎた。未だ復活を熱望する隠れファンの声をちらりほらりと耳にする。
のち、実の父と長澤草春より習作し、能面を掘りはじめる。
同時期に、口琴やイギル、ホーメイなどにものめり込む。挙句、巻上公一氏のツアーでトゥバ共和国に渡り、現地のコンテストにも出場。
そして、都山流三芳芫山に師事し尺八もはじめたかとおもえばいつの間にか現在は準師範代を取得している。
〔能面〕、〔口琴〕、〔イギル〕、〔ホーメイ〕、〔尺八〕は全て2015から始めている。この年に彼の中で何が沸き起こっていたのか?気になるところではあるがよくわからない。

ここまでの生き様を見ても、ちょっと意味のわからない男である。
しかし、彼の「ハマる」に中途半端は存在しない。なにごとも徹底的!なのだ。
そして、ここにも今はまだ書けない動きをしていることもいくつも聞いているのだが、「え?」ということばかり。共通して言えることは、目の付け所が「マニアックすぎる」こと「本物を愛す」こと「審美眼を持ってill」ということ。

元はHIPHOP界隈、だがそこだけに留まれるたまではない。
何をやろうとも、誰も似たものを持ち合わせていない妙ちくりんなセンスを潜ませている。
未だ謎多きヌマバラ。
ポテンシャルは∞。
最大限の敬意をはらって“変態”と呼ぼう。

[ Who is“ Numabara Sun Paul”? ]

He has released three CDs as “BRAIN PUMP”. In charge of lap and track make. He has won & 2nd place in lap battle events in various places in Kansai. His voice, rhythm, tempo, and choice of words were too unique. There are still fans eager to revive.

Later, learning from his father and Nagasawa Soshun, he began to dig Noh masks.
At the same time, he digs into the harp, Igil, and Homei. After all, I went to the Republic of Tuba on a tour by Mr. Koichi Makigami and participated in a local contest.
He has also practiced Shakuhachi and is now a Associate Teacher.
[Noh mask], [Jew’s harp], [Igil], [Khoomei], [Shakuhachi] all started in 2015.

Genres vary, but none are half-baked. The common meaning is that the eyes are too maniac, that they love the real thing, and that they have an aesthetic eye.

Originally a boy who likes HIPHOP. But that’s not all.
No matter what he does, he has a strange sense that no one can imitate.
Numabara still mysterious.
Potential is ∞.
Call it “pervert” with the utmost respect.

Details

Date:
05/08
Time:
19:00 〜22:00

UrBANGUILDは、イベント終了後、25:00までノーチャージのBAR営業をしています。
注)イベントの終了時間はイベントごとで異なります。

・2016/04から前のEVENTはこちら