Skip to content

◇ドリンク代別途表記(+ 1drink)のイヴェントに関しましては受付にて600円を頂戴致します
◇前売り予約の受付は前日の23時59分までとさせて頂きます。
◇終了時間は予定時間となってますので、ご了承下さいませ。
◇忘れ物をする方が増えています、忘れ物の保管は6ヶ月になりますのでご了承下さい。

御予約は前売り料金のあるもの、詳細ページに「予約する-reservation-」のアイコンのある日に限ります。



Loading Events

« All Events

  • This event has passed.

6/30 (fri) こまっちゃクレズマ5『野越え山越え』2017初夏TOUR

06/30・18:3022:00

komaccha5

reservation

こまっちゃクレズマ5:
梅津和時(Sax,Cl)、多田葉子(Sax)、松井亜由美 (Vl)、張紅陽 (Acco)、関島岳郎 (Tuba)
ゲスト:渡辺庸介 (Per)
 

oa:かりきりん

◇ OPEN 18:30  / START 19:30
◇ adv.3500 yen + 1drink / door.3800 yen + 1drink 

komaccha5
こまっちゃクレズマ:
梅津和時が作った日本初のクレズマー・オーケストラ、ベツニ・ナンモ・クレズマーを前身に、旅まわり仕 様の小編成の楽隊として、1996 年から活動スタート。メンバーは POP 音楽の屋台骨を支える、地味だが強 力な個性の集まりである。国内はもとより、遠くモンゴルやロシアにも遠征して、言葉は通じないながらも、 老若男女から大喝采を浴びた。出没する場所もまた、海小屋、都電、廃校,古民家、ビニールハウスといっ ぷう変わった場所での企画イベントから、代々木アースガーデン、ナチュラルハイ等の野外フェス、ファッ ションデザイナー NOZOMI ISHIGURO とのコラボなど、ユニークな活動を展開している。また、ヴォーカリ ストとの共演も数多く、その歌心あるサポートぶりには定評がある。これまでの共演は、おおたか静流、小 川美潮、白崎映美、東京ナミィ、石川浩司、知久焼久、大工哲弘、原マスミ、早川義夫、巻上公一、ガレー ジ・シャンソンショーなど。タップダンスの熊谷和徳とも。おおたか静流とは、2007 年の共作「すっぽん ぽん」に続き、2014 年ミニアルバム「トペラトトのおどり」をリリースした。

yosuke-watanabe
渡辺 庸介

1986年7月1日生まれ、京都府綾部市出身。
タンバリンを主軸に、あらゆる打楽器からボイスパーカッションまで様々な音色を駆使した、ジャンルにとらわれない柔軟かつ大胆なプレイが持ち味。
これまで北欧音楽バンドDrakskipのパーカッション、メインMCとして全国、世界で年間150本を超える演奏活動を行う。2012年、2014年にはスウェーデン、フィンランドの音楽フェスに参加、2015年のFUJI ROCK FESTIVALでは異例のアンコールをうける。
2015年に拠点を東京に移してからは様々なミュージシャン、バンドと共演。同年夏にはNHK連続テレビドラマ小説『マッサン』のヒロイン、シャーロットケイトフォックスのソロライブツアーメンバーとして全国8カ所をまわる。
現在はスウェディッシュ、アイリッシュ、ブルガリアなどの民族音楽からポップスまで、ジャンルを問わず幅広い活動を続けている。

17195570_396330840747919_202466756_o
かりきりん
http://hakkahappa.blog112.fc2.com/
『薄花葉っぱ』の「かしまし」担当下村よう子(vo、鍵盤)と、宮田あずみ(bass、vo、鍵盤)のユニット。
60年ほど前に発行されていた児童詩集「きりん」の詩に音を付けて演奏します。
子供たちの一秒に詰まった純粋だからこそ奥深い言葉、なにげない日常を切り取った言葉、それはとても衝動的でそのまんまのこと、一秒を数字で知ってしまった大人が忘れがちなことばの波。
その波に寄り添い押し出された音を演奏します。


Details

Date:
06/30
Time:
18:30 〜22:00

UrBANGUILDは、イベント終了後、25:00までノーチャージのBAR営業をしています。
注)イベントの終了時間はイベントごとで異なります。

・2016/04から前のEVENTはこちら