Skip to content

◇ドリンク代別途表記(+ 1drink)のイヴェントに関しましては受付にて600円を頂戴致します
◇前売り予約の受付は前日の23時59分までとさせて頂きます。
◇終了時間は予定時間となってますので、ご了承下さいませ。
◇忘れ物をする方が増えています、忘れ物の保管は6ヶ月になりますのでご了承下さい。

御予約は前売り料金のあるもの、詳細ページに「予約する-reservation-」のアイコンのある日に限ります。



Loading Events

« All Events

  • This event has passed.

7/19 (thu) Living Arts vol.49

07/19・19:0022:30

reservation

Thé à trois “茶三”トリオ:( Ying-Cheh Wang (Erhu) / Hugues Vincent (Cello) / Kumi Iwase (Sax, Cl)
棒棒鼓鼓(bangbang gugu バンバングーグー) 
Puma

Happy Axe

◇ OPEN 19:00 / START 19:30
◇ adv.1800 yen + 1drink / door.2000 yen + 1drink

34101801_1103010999839126_920925886880940032_n (2)

WANG Ying-Chieh / Erhu
Erhu virtuoso Wang Ying-chieh was born in Taipei, Taiwan. She first began her studies in piano, violin, and composition under the Western classical music tradition, then moved to Erhu and Traditional Chinese music. She served as the concertmaster of the Taipei Chinese Orchestra. Starting from 2012 she began her solo career, collaborating with artists from various fields and establishing Erhu as a solo instrument in diverse and non-traditional contexts. She was invited numerous times as a soloist and performed with ensembles such as Regensburg Philharmonic Orchestra in Germany, Ensemble KNM in Berlin, Hong Kong Sinfonietta, Shanghai Chinese Orchestra, Jiangsu Traditional Orchestra, National Chinese Orchestra of Taiwan, Taipei Chinese Orchestra, and the Kaohsiung Chinese Orchestra. She has also collaborated with the improvisation group MAFIA ensemble, and was the feature artist of the French contemporary music association TPMC’s “new works for Erhu” project. She was chosen by the Taiwan Music Institute for its innovative performer-composer commissioning partnership program. She has also been awarded by the Ministry of Culture in Taiwan for a residency at the Cité Internationale des arts in Paris. She received her Masters of Performing Art from the Chinese Culture University College of Arts in Taipei. Currently she is a member of the Pan Project Ensemble, an ensemble featuring traditional instruments from Chinese, Korea, and Japanese cultures; moreover, she serves as the artistic director of the Yunshuyachi Ensemble in Taiwan.

https://injei.wordpress.com

 
WANG, YING-CHIEH 王瀅絜 二胡綺想
王瀅絜 二胡綺想
injei.wordpress.com
 

ユーグ・ヴァンサン(Hugues Vincent)
クラシックチェロをデニス・チェレ(Denise Cherret)に師事、ジャズをl’edim
音楽学校(パリ)とモントルイユコンセルバトワールで学び、音楽理論の学位と、中学高
等学校音楽教員資格をパリ第8大学で取得。インプロヴィゼーションを研修やマスターク
ラス(とりわけソフィア・ドマンシッシ(Sophia Domanchich), ディディエ・ルヴァレ(
Didier Levallet), レジス・ユビー( Régis Huby), ヴァンサン・クルトワ( Vincent
Courtois), バール・フィリップ( Barre phillips), アーネスト・ライジンガー( Ernst
Reisjeger)などと)で学ぶ。
 グループ参加として Bolitz のほかに、トリオ 「チルボル(Tilbol)」 、デュオ 「セルロ
イド(CelluloÏde)」(フランク・スミス(Frank Smith)エレクトロニックと。オディオロ
ルネット(Odiolorgnette)レーベルからCDをリリース) 、ジョエル・レオンドル(Joël
Leandre)率いる「ストリング・プロジェクト(String Project)」、大友良英の 「ニュージ
ャズアンサンブル」、 デヴィッド・S・ウェア(David S Ware)の「弦楽アンサンブ
ル 」、デゥオ「ボウブン(Bobun)」(フランツ・ロリオ(ヴィオラ)) 、チェロ奏者森
重靖宗とのデュオ、盆ノ窪セプテット(フランス/日本人の即興アンサンブル)、スカグルー
プ 「ペリカンフリゼ(Le Pélican Frisé)」(ディスク3枚リリース)など。ほかにも ローラ
ンド・トッポー(Roland Topor)作「ルシアンに四本のバラを(Four Roses For
Lucienne)」のための音楽制作、ジャンリューク・カポッゾ(Jean Luc Cappozzo)、ヴァ
ンサン・クルトワー(Vincent Courtois)、クロウド・チャンミッチャン(Claude
Tchamitchian)、ジャンフランソワー・プーブロワ(Jean François Pauvros)、 ルークエッ
クス(Luc Ex)、 佐藤真、沖至 他との即興演奏共演、コンテンポラリーダンスカンパ
ニー( 「アンアンスタン・カンパニー(Compagnie « Un Instant »)、チア・イン・リン(
Chia Yin Ling)、ベルナルド・モンテ( Bernardo Montet))や、舞踏ダンサー(今貂子,イ
メル・テルマン(Imre Thormannのための作曲、即興。
 ソロではアコースティックまたはエレクトロアコースティックでの即興、CD
« Phonoscope &Fabulettes », « Tales of Noboru », « Onkyo no Hako »)制作、様々な舞台クリエ
ーションなどで、世界各国(ドイツ、スイス、ベルギー、オランダ、イタリア、アメリカ、
モロッコ、エジプト、日本など)で活躍。
Information ;http://www.myspace.com/huguesvincent
http://soundcloud.com/huguesvincent

岩瀬 久美
2000年に渡仏しエヴリーコンセルヴァトワールにてサックスフォーン科(2004年)、ジャズ科(2008年)、作曲科(2011年)、エレクトロアコースティック科(2013年)を卒業。ギョームロワ氏、イザベルデュトワ氏、ジャックディドナート氏、ニコラヴェラン氏、フィリップポルトジュア氏などの影響を受け、作曲とインプロヴィゼーションの関係、アコースティックとエレクトロニックの関係などについて興味を持つ。
 画家とエレクトロニックとサックスのグループ『Iki no ato』やチェロとドラムとサックスのトリオ『Yasai』や、コメディアン、ダンサー、映画、文学や詩、数多くのミュージシャンと即興やコラボレーションを経験し、主にフランスや日本で演奏活動を行っている。https://soundcloud.com/kumi-iwase 

36314140_10155990901724230_8232066333370482688_n
棒棒鼓鼓(bangbang gugu バンバングーグー)
・nabeprodeath Lainy J Groove/シンプル浜田とnabeprodeath/Heavy ensemble of kyotoなどで叩いて歌うマルチタレント と ・LONGLEI Yusuke オーストラリア民族楽器ディジュリドゥにエフェクトやビートボックスを無茶に吹き込む変な人。from magomago/Heavy ensemble of kyoto によるドラム&ディジュの新ユニット 棒棒(bangbang バンバン) にはちょい過剰なほめ言葉な意味が有るアル。 你好棒棒(おめースゲーけどやり過ぎじゃね?)的な。

33434807_10155252157185870_4170498039955324928_n (1)
Puma
some silent footsteps, not a cat, a wild family , an animal , as pop, organic xp, xxx , a smile step down on the grass, a warm , green smell, in the forest a beast

 

33419577_10155252153405870_8993427824358457344_n
Happy Axe
Happy Axe is multi-instrumentalist and musical polymath Emma Kelly.
On her forthcoming debut album Dream Punching, Happy Axe weaves layers of vocals, violin and musical saw into a vibrant fever dream of ambient pop music.
Listening to Happy Axe is a hypnotic experience. Deft melodies and atmospheric loops cascade and fold themselves around you. Entrancing patterns form and then dissolve.
Inspired equally by the organic sonic landscapes of artists like Björk and Kaitlyn Aurelia Smith, and the brooding string-laden film scores of David Lynch and Hollywood noir, Happy Axe builds sound-worlds filled with both light and shadow.
Emma has also performed around the world with shows throughout Japan, Norway, Germany and New York.
Happy Axe is now a proud member of the Spirit Level family. Spirit Level is an artist-run music label based in Melbourne, co-founded by Tim Shiel and Wally De Backer aka Gotye. It is devoted to nurturing and amplifying creative voices wherever in the world they might be.
https://www.facebook.com/pg/happyaxemusic/about/

Details

Date:
07/19
Time:
19:00 〜22:30

UrBANGUILDは、イベント終了後、25:00までノーチャージのBAR営業をしています。
注)イベントの終了時間はイベントごとで異なります。

・2016/04から前のEVENTはこちら