Skip to content

◇ドリンク代別途表記(+ 1drink)のイヴェントに関しましては受付にて600円を頂戴致します
◇前売り予約の受付は前日の23時59分までとさせて頂きます。
◇終了時間は予定時間となってますので、ご了承下さいませ。
◇忘れ物をする方が増えています、忘れ物の保管は6ヶ月になりますのでご了承下さい。

御予約は前売り料金のあるもの、詳細ページに「予約する-reservation-」のアイコンのある日に限ります。



Loading Events

« All Events

  • This event has passed.

9/20 (wed) Living Arts vol.43

09/20・19:0022:00

reservation

The Missing Ones (Patrick Golden, drums / Dave Moss, electric bass)
ieva a.k.a Samuel André
福井悠平  

◇OPEN 19:00 / START 19:30
◇ adv. 2000yen inc 1drink / door. 2500yen inc 1drink

The Missing Ones (Patrick Golden, drums / Dave Moss, electric bass)
a high-energy, improv jazz/rock duo
 
 
 
patrick's promo pic
Patrick Golden has been a professional drummer in New York City for 15 years. He has performed and collaborated with renowned musicians/performers Daniel Carter, Demian Richardson, Dave Moss, and Keith Biesack. Patrick has been a member of well received, successful projects like Blackcanvas, Corporate Graffiti, The Last Rhino and The Missing Ones playing in and around New York City and the greater Northeast, United States. Patrick has honed his technique and style working with the likes of Mike Clark, Xavier Jamaal Hill, and Alex Cohen. Patrick was first drawn to drumming as a young boy watching a Ginger Baker solo on television. His most pivotal moment in his musical career was discussing music, life and philosophy with revolutionary jazz icon Ornette Coleman. He evolved his technique and developed his improvisational skills throughout his 15 year career. Patrick will be performing in various venues in Japan starting in September, 2017.
 
 

d moss promo pic
Dave
 Moss
 / デーヴ • モス
1979年生まれ、アメリカ • カルフォリニア州 • サンフランシスコ出身
ジャズ、ロック、エレクトロニック ベーシスト(コントラバス、エレクトリックベース演奏者)
2003年にニューヨークへ移り、奨学金を得て、New School コンテンポラリー音楽部 • ジャズ科へ入学。その後、ニューヨーク市立大学City College音楽学部ジャズパフォーマンス科へ編入し、2006年、同大学にてBFAを取得、卒業。
ニューヨークでの活躍は、ジョン • ゾーンの主催するThe Stone、Spectrum、Cornelia Street Cafe、The Issue Project Roomなど数々の有名なライブハウスでの演奏、Charnette Moffett、Eric McPherson、Ferenc Nemeth、William Parkerなどとの共演、Charlie Parker Jazz Festival、World Science Festival、Care Fusion Jazz Festivalなど様々なミュージック フェスティバルへの出演、に加えてジャズグループ SEARCH、ジャズロックグループ WAKE UP! 、エレクトロニック ジャズ ロックグループ Platypus Revengeなどのグループでの活躍、CDリリース(Dried Orange Records、577 recordsより発売)など、多岐にわたる。2009年、音楽雑誌 All About Jazz Magazineに、2010年、Downbeat Magazine, Special 2010 Winter Editionにてジャズグループ SEARCHのCDレビューが掲載され、2010年には、WIRE magazine にて WAKE UP! が取り上げられ、そのオリジナル性が高く評価される。2014年には、ニューヨークのラジオ局 WKCR Radio Stationにて2時間に渡るインタビュー/演奏の番組出演。また、8年に渡るOrnette Colemanとの度重なるセッションは、Dave Moss の音楽観、哲学、世界観に深い変容をもたらした。

ジャズというジャンルを超えて、様々な要素を取り入れる彼の音楽は、留まる事を知らず、探求し続ける。2016年より京都へ拠点を移し、ニューヨーク~京都~アジアへと活動を展開していく予定。

 

 

2008年、”Today is Tomorrow”(ジャズアルバム)インディペンダント リリース

ジャズバンド “SEARCH”

http://www.cdbaby.com/cd/searchmusic

2010年、”WAKEUP!”(ジャズロックアルバム)インディペンダント リリース

ジャズロックバンド”WAKE UP!”

http://www.cdbaby.com/cd/WAKEUP

 

プレス

“The elastic but forceful rhythms laid out by bassist David Moss—a key figure in the circle of musicians in the 577 Records stable, prevent the music from sounding old fashioned, eschewing bop buoyancy for a more muscular grooveology.”–Downbeat Magazine, Special 2010 Winter Edition, album release review for the band: SEARCH.

“Fluently applying reverberant pizzicato form, Moss bridges the delivery from one horn to the other, carves out introductions on which the instruments can depend (“Breathe”) and operates as hinge to each instrument’s sound”–All About Jazz Magazine album release review for the band: SEARCH, summer 2009.

WAKE UP! is a genuine band (rare these days), but even more than a band, it’s a movement for increasing consciousness–a movement primarily interested in evoking the evolution of consciousness in us all, through SOUND and beyond.  The members of WAKE UP! all knew each other from previous music collaborations, but it wasn’t until May, 2009 that Federico Ughi, Demian Richardson, David Moss and Daniel Carter started getting together regularly as a quartet, which eventually became WAKE UP!  Musically, the band demonstrates a huge spectrum of influences, and integrates and synthesizes an array of styles, while not being limited or stuck in any one style or genre. “With a debut self-titled album (out now), WAKE UP! are riding a wave of youthful enthusiasm every bit as boisterous and impatient as their name.”– Daniel Spicer, WIRE magazine article

5
ieva a.k.a Samuel André
http://ieva.free.fr/e/
1978年生まれ、仏国ノルマンディー出身、現在京都市在住のマルチメディア・アーティスト、サミュエル・アンドレは大学時代に数学と認知科学を学び、 ミュージック・インタフェースの研究を卒業論文のテーマにする。2001年に「ieva」の名でアコースティックミュージックに影響を受けたオーディオプ ロジェクトを発表。2002年には「ザ・アクイターティヴ・ミュージックコンテスト」のエクスペリメンタル・ムービー部門で優勝。2015年には 札幌国際芸術祭2014(Sapporo*north2 AWARD ver.SIAF2014)にて映像作家ジャック・ペルコントとの共作「M, Aerogeradores 」で年間部門の優秀賞を受賞する。
2011年にアンドレは京都でのアート、ミュージックイベント等のキュレーション活動を円滑に行うために独自レーベル「Pollen」を設立。(http://p0llenrec.tumblr.com/)
2013年には多国籍ミュージシャン、ヴィデオアーティスト、そして詩人からなるコレクティヴ・ミュージックアンサンブル「ensō watt」をスタート。(http://ensowatt.org/)
最新アルバム「lueurs」をフレンチミュージックレーベル「Eillen rec」よりリリース。(http://www.eilean-records.com/).
サウンド・アーティストとしての音楽活動と並行してインスタレーション作品も様々なアートギャラリー、国際展で発表。その活動範囲は関西圏だけに留まらず海外でもで展示発表を精力的に行う。
Urs13 Playground (台北), WSK (マニラ) in 2011, Hanarart 2013, Gallery Week (京都) & Nuit Blanche in 2014 (京都), KG+とParasophia; 京都国際現代芸術祭 in 2015.
Born in 1978, in Normandy, Samuel André is a self-taught French multimedia artist, presently residing in Kyoto. Trained in mathematics, cognitive sciences and the research of musical interfaces, in 2001, he developed a unique audio project – under the name ieva – composing scores for “imaginary journeys” influenced by acoustic music.  His main focus is field recording, and spatiality of sound.
In 2002, he won the 1st prize of the Aquitaine movie-music contest in the experimental movie category and in 2015 the prize of excellence for his collaborative work with Jacques Perconte at Sapporo*north2 AWARD ver.SIAF2014.
In 2011, he founded the micro music label Pollen (http://p0llenrec.tumblr.com/), dedicated to curation of art & experimental event in Kyoto.
In 2013, he started the collective musical ensemble Ensō Watt (http://ensowatt.org/) an eclectic and In multinational mix of musicians, conductor, video artists and a poet.
In 2016 , he founded the improvisation band Puma (https://soundcloud.com/samuel-andre-679202715) and intensifies his live planting performance with Re:planter.

In parallel to music, his installations have been shown in different exhibitions, Urs13 Playground
(Taipei), WSK (Manila) in 2011, Hanarart 2013, Gallery Week (Kyoto) & Nuit Blanche in 2014 (Kyoto), KG+ & Parasophia in 2015.

fukui_yuhei
福井悠平
1984年生まれ。京都府亀岡市出身、在住。 農家、音楽家、映像作家。

 

 

Details

Date:
09/20
Time:
19:00 〜22:00

UrBANGUILDは、イベント終了後、25:00までノーチャージのBAR営業をしています。
注)イベントの終了時間はイベントごとで異なります。

・2016/04から前のEVENTはこちら